Xena Networks L4-L7

Xena Networks L4-L7

IP系 試験・測定・監視・検証機

 

L4-L7 Test Platform

 

Xena L4-L7テストプラットフォームは、1G, 10G, 40GEthernet機器の機能試験/負荷試験
に最適な最高水準のパフォーマンスと価格性能比を提供します。

Scalable Gigabit Stateful Test Platform

Xenaの新L4-L7テストプラットフォームは、スイッチ、ファイアウォール、ルーター、NATルータ、プロキシ、ロードバランサ、帯域制御装置等、ネットワークアプライアンス装置に対し、終端間でのステートフル試験を提供します。

  • ラインレートステートフルTCPトラフィックの生成及び解析
  • 何百万ものコネクションを保持したまま、高負荷の高レイヤトラフィックを発生
  • 高度なトラフィックシナリオを実現するEthernet,IP,TCPヘッダの編集機能
  • TCPコネクションブラスター機能
  • 包括的な統計及び試験レポート機能
  • 各種1/10/40G Ethernetメディアに対応
  • 高ポート密度 – 最大10Gx12ポート(Xena Scale)

Chassis/Models/Interfaces

 

Xena L4-L7テストプラットフォームは、異なったパフォーマンス要求に応えて、2つのモデルがラインナップされています。

Xena Appliance 【4パケットエンジン】

10G Layer4-7モジュールを1ユニット実装
オプションでLayer2-3モジュールを1ユニット実装可能

Xena Scale 【24パケットエンジン】

1U/19inchラックマウント形筺体
Layer4-7モジュールを最大6ユニットまで実装可能

各シャーシのパケットエンジンは、1つまたは複数のポートに対してリソースの割り当てを柔軟に行う事が可能です。初期設定では、各ポートは1/N番目の利用可能なパケットエンジンを使用しますが、与えられたアプリケーションに対して最大限のパフォーマンスを発揮させる為に、1つのポートに対して複数のパケットエンジンを割り当てる事も可能です。両L4-L7テストプラットフォームのO/Sは、高速性、信頼性、堅牢性の高いLinuxをベースとしており、スピードと安定性の観点からシステムドライブにSSDを採用しています。

Xena Appliance Xena Scale
テストポート数 2 6
寸法
(WxHxDmm)
232x91x232 437x90x448
重量 約4.5kg 約22.7kg
安全規格 FCC(US),CE(Europe)
電源 交流電圧:100-240V
周波数:50-60Hz
総消費電力:60W(A40-s)/120W(S140-6)
動作環境 動作温度環境10~35℃
(保存温度環境-40~70℃)
湿度環境:8%~90% ※結露しないこと

ソフトウェア

Xena L4-L7テストプラットフォームには、XenaConnectソフトウエアが標準添付されています。XennaConnectは、直感的なユーザインターフェースを備え、機器へのインストールや接続、大量の実TCPトラフィックの生成を簡単に行う事ができます。また、結果の解析やドキュメントの作成を行う事も可能です。

全てのスクリプトツールに対応したAPIスクリプト

XenaScriptingは、無料のCLI APIです。TCP/IPをサポートする全てのスクリプト環境より、簡単に試験の自動化を実現できます。(XenaのWebサイトにて、Pythonでの使用例も参照頂けます。)

Xena Appliance

XenaApplianceはEthernet機器やネットワーク基盤の負荷試験、解析、特性評価に
用いられる高パフォーマンスTCPテストソリューションです。
本製品は、1/10G EthernetL4-L7テストモジュール及びL2-L3テストモジュール
(オプション)を実装したオールインワンL2-L7テストプラットフォームです。

L2-L7 Gigabit Stateful TCP Test Chassis

XenaApplianceは何百もの実エンドユーザー環境をエミュレートし、ネットワークアプライアンス及びネットワーク基盤のテストや検証に有効なソリューションです。スイッチ、ファイウォール、ルータ、NAT、プロキシ、ロードバランサ、帯域制御装置等、ネットワークアプライアンスの終端間のステートフルテストを提供します。TCPコネクションと切断、大量のコネクション保持時のパケット転送速度を測定し、パフォーマンスのボトルネックを特定する事でネットワークパフォーマンスの特性を評価することができます。

  • 160万コネクション/秒
  • 400万同時TCPコネクション
  • 100万パケットキャプチャ
  • ラインレートトラフィックキャプチャ機能
  • Dual Speed I/F(1G/10G)モジュール(L4-L7)
  • プログラム可能なフィルターとトリガー機能
  • スイッチ、ルーティングネットワークトポロジ、TCPプロキシ、NAT環境に対応
  • 解析ソフトウェア(XenaConnect:L4-L7,XenaManager2GL2-L3)無償添付
  • テストオートメーションCLI(XenaScripting:TCL,Python,Perl,VBA,Ruby,Bash,Java等で使用可能)無償添付
詳細
XA40-12SFP
XenaAppliance 2スロットシャーシ, AC電源内蔵, トランシーバ別途
・Slot 0:L4-L7デュアルスピードインターフェース( 100M*/1G/10G:SFP/SFP+ )x2, 4パケットエンジン
・Slot 1:未使用
XA40-12SFP+M6SFP
XenaAppliance 2スロットシャーシ, AC 電源内蔵, トランシーバ別途
・Slot 0: L4-L7デュアルスピードインターフェース(100M*/1G/10G:SFP/SFP+)x2, 4パケットエンジン
・Slot 1: L2-L3テストモジュールSFPx6( 10/100/1000Base-T, 100Base-FX/BX, 1000Base-SX/LX/BX )
XA40-12SFP+M2SFP+
XenaAppliance 2スロットシャーシ, AC電源内蔵, トランシーバ別途
・Slot 0: L4-L7デュアルスピードインターフェース( 100M*/1G/10G: SFP/SFP+ )x2, 4パケットエンジン
・Slot 1: L2-L3テストモジュールSFPx2( 10GBase-SR/LR )
*RJ45 SFP使用時

 

Slot 0 – Layer4-7

2 x 1G/10G: SFP/SFP+
2 x 1G/10G: Copper

Slot 1 – Layer2-3(オプション)

SFP x 6 (M6SFP)
6 x 10/100/1000Base-T(*)又は
6 x 1000Base-X(SFP-MSA)又は
6 x 100Base-FX(*)又は
6 x 100Base-BX(*)* 要純正オプション
又は、
SFP+ x 2 (M2SFP+)
2 x 10GBase-SR/LR/ER
Direct Attached Cable(DAC)

データシート

テストポート数 2
寸法
(WxHxDmm)
232x91x232
重量 4.5kg
安全規格 FCC(US),CE(Europe)
電源 交流電圧:100-240V
周波数:50-60Hz
総消費電力:76W
最大電力:0.8A(120Z時),0.4A(210V時)
動作環境 動作温度環境10~35℃(保存温度環境-40~70℃)
湿度環境:8%~90% ※結露しないこと

Xena Scale

XenaScaleはEthernet機器やネットワーク基盤の負荷試験、解析、特性評価に用いられる、高パフォーマンスかつ拡張性の高いTCPテストソリューションです。
本製品は、1/10/40G L4-L7インターフェースをサポートします。

L4-L7 Gigabit Stateful TCP Test Chassis

XenaScaleは何百もの実エンドユーザー環境をエミュレートし、ネットワークアプライアンス及びネットワーク基盤のテストや検証に有効なソリューションです。スイッチ、ファイウォール、ルータ、NAT、プロキシ、ロードバランサ、帯域制御装置等、ネットワークアプライアンスの終端間のステートフルテストを提供します。TCPコネクションと切断、大量のコネクション保持時のパケット転送速度を測定し、パフォーマンスのボトルネックを特定する事でネットワークパフォーマンスの特性を評価することができます。

  • 1000万コネクション/秒
  • 2400万同時TCPコネクション
  • キャプチャ容量:400万パケット
  • ラインレートトラフィックキャプチャ機能
  • 1G/10G(SFP/SFP+)、40G(QSFP+)I/Fに対応
  • プログラム可能なフィルターとトリガー機能
  • スイッチ、ルーティングネットワークトポロジ、TCPプロキシ、NAT環境に対応
  • 解析ソフトウェア(XenaConnect)無償添付
  • テストオートメーションCLI(XenaScripting:TCL,Python,Perl,VBA,Ruby,Bash,Java等で使用可能)無償添付
詳細
 XS240-12x10G XenaScale 6スロットシャーシ, ユニットコントローラ, AC電源内蔵, トランシーバ別途
・Slot 0~5: L4-L7 SFP/SFP+デュアルスピードテストモジュール(2ポート:100M*/1G/10G)
 XS240-4x10G-2x40G XenaScale 6スロットシャーシ, ユニットコントローラ, AC 電源内蔵, トランシーバ別途
・Slot 0,2: L4-L7 QSFP+テストモジュール(1ポート)
・Slot 1,3: 未使用
・Slot 4,5: L4-L7 SFP/SFP+デュアルスピードテストモジュール(2ポート:100M*/1G/10G)
 XS-P20-2G 1G x2ポート(L4-L7ライセンス)
 XS-P40-20G 10G x2ポート(L4-L7ライセンス)
 XS-P80-40G 40G x1ポート(L4-L7ライセンス)
*RJ45 SFP使用時

Layer 4-7

・6スロット(2ポート):
1/10G SR/LR/DAC or 100M*/1G/10G BaseT
2スロット(1ポート):40G SR/LR/DAC
2スロット(2ポート): 10G SR/LR/DAC or100M*/1G/10G BaseT

Software-Enabled Capacity Upgrades

データシート

1Gx2ポート構成が可能。2パケットエンジン
10Gx2ポート構成が可能。4パケットエンジン
40Gx1ポート構成が可能。8パケットエンジン

テストポート数6寸法
(WxHxDmm)437x90x448重量22.7kg安全規格FCC(US),CE(Europe)電源交流電圧:100-240V
周波数:50-60Hz
総消費電力:76W
最大電力:0.8A(120Z時),0.4A(210V時)動作環境動作温度環境10~35℃(保存温度環境-40~70℃)
湿度環境:8%~90% ※結露しないこと

Xena Connect

 

XenaConnectはXena L4-L7テストプラットフォームを管理するユーザフレンドリな
アプリケーションソフトウェアです。XenaConnectはEthernet機器やネットワーク
基盤の負荷試験、解析、特性評価に用いられます。

L4-L7 Gigabit TCP test software

 

XenaConnectはXena L4-L7テストプラットフォーム(XenaScale/XenaAppliance)に標準添付されるアプリケーションソフトウェアです。迅速なパフォーマンス検証やリグレッションテストに最適で、WebやFTPサーバの様なTCPベースのアプリケーションサーバの開発者は、TCPコネクション速度やTCP SYNアタックに対する耐性を計測する事ができます。

  • ラインレートステートフルTCPトラフィックの生成及び解析
  • 高度なトラフィックシナリオを実現するEthernet,IP,TCPヘッダの編集機能
  • TCPコネクションブラスター機能
  • HTTP GET/PUT/POSTブラスター機能
  • 包括的な統計及び試験レポート機能
  • 各テストポートへ任意に解析プロセッサーを割り当て可能
  • ラインレートキャプチャ機能
  • スイッチ、ルーティングネットワークトポロジ、TCPプロキシ、NAT環境に対応
  • キャプチャパケットはPCAPフォーマットにてエクスポート可能

 

 

テストアプリケーション

XenaConnectを用いる事で、ユーザは、指定したロードプロファイルや設定可能なIP/TCP/ペイロードパラメータを介して何百万ものTCPフローを素早く、簡単に生成する事ができます。リアルタイム統計及びテストレポート機能は、システムや機器特性のサマリを提供します。Xena Connectはポート単位のリソース予約機能により、マルチユーザ環境での使用に適しています。パケットエンジンは、テストシナリオにより個々に予約・割当が可能で、これらは操作の柔軟性やパフォーマンスに寄与します。

 

 

コネクションオリエンテッド トラフィックの生成

XenaConnectは様々なパケットの生成を可能とする、MAC/IP/TCPヘッダ編集機能を装備し、簡単にTCPコネクションのカスタマイズを行うことが出来ます。トラフィックレートは、そのメディアのラインレートのパーセンテージ、Frame/s、ビットレートで指定され、そのトラフィックの生成は、コネクションスピード、切断スピードの情報を持ったロードプロファイルを用いて制御されます。

 

 

 

自動レポート作成機能

XenaConnectは、PDF形式によるテスト結果の自動レポート作成機能を包含しています。

 

 

 

APIスクリプトを容易に

XenaScriptingは、無料のCLI APIです。TCP/IPをサポートする全てのスクリプト環境より、簡単に試験の自動化を実現できます。(XenaのWebサイトにて、Pythonでの使用例を参照頂けます。)

 

 

 

Web GUI I/Fに対応

XenaConnectは、XenaWebを介し、HTML5ベースのブラウザによる使用が可能です。

機能仕様
TCPコネクション生成 TCP アプリケーション ・CPS/CCテスト(オープン/クローズ)
・実TCPネットワークトラフィックのエミュレーション用バルクデータ転送
TCPアプリケーション挙動 ・サーバ -> クライアントアップロード ・クライアント -> サーバダウロード
・サーバ – クライアント間送受信
Basic L4+エミュレーション ・HTTP GET/HEADリクエスト/レスポンス
・HTTP PUT/POSTリクエスト/レスポンス
・カスタムHTTPヘッダー
・カスタムペイロードでのリクエスト/レスポンスプロトコル交換
TCP ペイロード ・有限/無限長 ・カスタム/インクリメント/ランダム
帯域幅特徴 ・接続グループパーセント ・ラインレートパーセンテージ毎に指定してロード
TCPオプション編集機能 ・最大セグメントサイズ ・ウィンドウサイズ ・ウィンドウスケール
MAC/IP/TCP 編集機能 ・Ethernetアドレス ・VLAN ID/プライオリティ ・IPアドレス(src/dst)
・IP DS/ECN ・TCPポート(src/dst)
制御プロトコル ・ホストからのARPリプライ ・ホスト/ゲートウェイへのARPリクエスト ・ホストからのICMPリプライ
ポート毎の統計 ・ランタイム/ポストラン統計 ・パケット/バイト(Rx/Tx)、パケット/バイトレート(Rx/Tx)、FCSエラー
・Packet Checksumエラー(IP,TCP) ・プロトコルカウンター(IP,TCP,ARP,ICMP)
接続グループ毎の統計 ・ランタイム/ポストラン統計 ・TCP統計カウンター ・TCP統計レート
・合計パケット/バイト(Rx/Tx) ・TCP再送信カウンター ・パケットサイズ割り当て ・ヒストグラム
・コネクション/切断時間(最大/最小/平均)
ネットワークトポロジ ・スイッチド/ルーテッドネットワーク ・NATルーティング ・TCPプロキシ
動作環境 ・インストールに必要な空き容量:約32MB
・対応O/S:Microsoft Windows 7 以降
・動作に必要なソフトウェア:Microsoft NET version4.0