RF Interference and DFS Radar Pulse Generation

RF Interference and DFS Radar Pulse Generation

IP系 試験・測定・監視・検証機 モバイル端末用 試験・測定・監視・検証機

 

本製品はWaveBladeを用いてBluetooth、電子レンジなど2.4GHz帯(802.11b/g)の通信障害の要因となる干渉波の 発生及び、5GHz帯(802.11a)アクセスポイントで実装が必須となるDFS(Dynamic Frequency Selection)機能の 検証に必要な各種レーダ波を発生させる事を可能とするオプションです。 従来の面倒なシグナルジェネレータと I/Q変調フトウエアを用いて信号を生成する従来のソリューションと異なり、機能を選択するだけで所望な信号を 簡単に発生させる事ができます。

  • ライブラリより発生信号の種別を選択し、出力、バースト長、中心周波数オフセットを指定するだけで使用可能
  • FCC,ETSI,気象レーダ波(日本:5,250~5,230MHz、5,500~5,700MHz)を生成可能
設定可能パラメパラータ

  • 802.11チャンネル
  • Tx 出力
  • 0dBm ~ -50dBm(WBW1101,1104,1104N)
  • 15dBm ~ 0dBm(WBW1101P)
  • バースト長
  • バーストギャッフ
  • 中心周波数オフセット
発生信号種別

  • 電子レンシ
  • 1MHzトーン
  • Bluetoothスペクトラム
  • レーダー波
  • FCC
  • ETSI
  • 気象レーダ(日本)
Spec Type Pulse Width (us) PRI (us) Pulses Burst Other
FCC 1 1 1428 18 1
FCC 2 1 – 5 150 – 230 23 – 29 1
FCC 3 6 – 10 200 – 500 16 – 18 1
FCC 4 11 – 20 200 – 500 12 – 16 1
FCC 5 50 – 100 1000 – 2000 1 – 3 820 チャープ幅 5-20MHz
FCC 6 1 333 9 100 周波数ホッピングのバーストレンジ: 5,250~5,724MHz
FCC 7 1 518 calculated 1 気象レーダ用として提議

 

Spec Type Pulse Width (us) PRI (us) Pulses Burst Other
ETSI 0 1 1428 18 1
ETSI 1 0.8 – 5 1000 – 5000 10 1
ETSI 2 0.8 – 15 625 – 5000 15 1
ETSI 3 0.8 – 15 250 – 434 25 1
ETSI 4 20 – 30 250 – 500 25 1 チャープ幅 5MHz
ETSI 5 0.8 – 2 2000 – 3333 10 1 バースト中に2~3のPRI(Pulse Repetition Interval)を持っ たインターリブパルス/各PRIは20~50ppsの差異が存在
ETSI 6 0.8 – 2 833 – 2500 10 1 バースト中に2~3のPRI(Pulse Repetition Interval)を持っ たインターリブパルス/各PRIは80~400ppsの差異が存在

 

Spec Type Pulse Width (us) PRI (us) Pulses Burst Other
Japan 1 1 1428 18 1 W53 Band 5250 -5350 MHz
Japan 2 2.5 3846 18 1 W53 Band 5250 -5350 MHz
Japan 3 0.5 1288 18 1 W53 Band 5550 -5700 MHz
Japan 4 1 1428 18 1 W53 Band 5550 -5700 MHz
Japan 5 2 4000 18 1 W53 Band 5550 -5700 MHz
Japan 6 1 – 5 150 – 230 23 – 29 1 W53 Band 5500 -5700 MHz
Japan 7 6 – 10 200 – 500 16 – 18 1 W53 Band 5500 -5700 MHz
Japan 8 11 – 20 200 – 500 12 – 16 1 W53 Band 5500 -5700 MHz
Japan 9 5 – 100 1000 – 2000 1 – 3 8 – 20 W56 Chirp BW 5 – 10 MHz
Japan 10 1 333 9 100 W56 Frequency hopping between bursts

 

 

IxVeriWave Test System
  • 1 x IxVeriWave WaveTest 90TM or WaveTest 20TM system
  • 1 x IXVeriWave WLAN port (WBW1101 or WBW1104 or WBW1104N or WBW1101P)
Host Computer
  • X86-based PC with 1GHz processor and 256MB RAM
  • Windows XP SP2, or Linux (2.6 or higher kernel level)
Application Software
  • IG – Interference Generator to create 802.11 interference including Bluetooth, tone and Microwave oven
  • Radar Pulse Generator to create DFS Radar Pulses as per FCC specification
  • WaveQoE