SW-T1GA

SW-T1GA

L1コネクティビティ

 


SW-T1GAは、USB3.0によるタップ出力を特徴とする10/100/1000BASE-T対応のラインレートFull Duplexギガビット・アグリゲーションタップです。本製品は、PCのUSB給電により動作が可能なため、コンパクトな筐体と相まってフィールドでのパケット・キャプチャ用途に好適です。本機の特徴は、収容する全二重リンク両方向からのトラフィックを、USB3.0のタップ(モニタ)ポートから一つのストリームとして出力する点にあります。USB3.0は5Gbpsの帯域を有するので、仮に収容するリンクに1000BASE-Tラインレート(両方向で2Gbps)のバースト・トラフィックが発生しても、帯域不足によるパケット・ドロップは起こりません。すなわち、モニタ用のPCにとっては、GbE対応のインラインTAPと2Gbps性能のパケット・キャプチャカードを同時に備えるのと等価であると言えます。

  1. 10/100/1000BASE-T対応、インライン・アグリゲーションタップ
  2. タップ(モニタ)用ポートは、USB3.0を採用
  3. PCからのUSB給電による使用が可能
  4. フェイルセーフ・モニタリング
  5. ハードウェア・アグリゲーション
  6. 8ns ハードウェア・タイムスタンピング
  7. リアルタイム統計情報
  8. ローレベルエラーと帯域の監視
  9. ディスクへのダイレクト・キャプチャ
  10. PAUSE frames、VLAN tagged、カプセルフレームに対応
  11. CRCエラーフレームに対応
  12. 10,000バイトまでのジャンボフレームに対応
  13. 10バイトまでのショートフレームに対応

 

ユーティリティ・ソフトウェア付属

グラフ表示による帯域の利用状況、エラー情報等を提供することで、トラブルシュート時の解析作業をリードします。

PCに装備される標準的なネットワーク・インタフェース・カードは、本来通信を目的としているため無用なデータは破棄するように設計されています。これらを、プロミスキャスモード(自分宛以外のパケットも取り込むモード)で機能させることにより、パケット・キャプチャ・ソフトウェア等の簡易的なモニタリングシステムは構成されています。しかし、この手法ではエラーを持つパケット(エラーフレーム)の処理が出来ないので、トラブルシュート用のツールとしては大いに問題があります。

また、全二重通信の双方向の監視では、2つのモニタ用ポート(NIC)が必要となります。さらに、SPANポート、リピータ、ポートアグリゲータ等を介した場合は、エラーフレームが転送できず、また帯域不足によるデータのドロップが発生します。

SW-T1GAは、これら諸問題を解決し、正確なパケットキャプチャをローコストに実現する、次世代型のソリューションデバイスです。

 

上部

正面 背面
SW-T1GA
コネクタ 2 x RJ-45 (10/100/1000BASE-T対応インライン接続用)
1 x USB 3.0 (タップ出力用)
1 x 5V DC (外部電源オプション用)
LEDインジケータ 2 x リンク速度 (RJ-45)
2 x 通信状況 (RJ-45)
1 x 電源
最大レイテンシ 1 Gbps リンク時: 370 ns
100 Mbps リンク時: 660 ns
10 Mbps リンク時: 6600 ns
PCシステム要求 Dual Core CPU
1GBメモリ
USB3.0ポート
Windows 7/8 (32bit/64bit)
寸法と重量 69 (W) x 24 (H) x 124 (D) mm, 230g
付属品 1.8m USB 3.0 ケーブル
RJ-45 ケーブル
ポーチ
マネージャソフトウェア
動作温度 (保管時温度) 0℃ ~ 55℃ (-20℃ ~ 70℃)
動作湿度 10% ~ 90%, ただし結露無き事
適合、規格準拠 RoHS, CE, FCC class A
製品保証 納入後1年間

SW-T1GA